信用取引のメリットと注意点って?

信用取引、当たった時は大きく儲ける

株式取引で他から資金を借りて行う信用取引は、自分の想定通りに株価が大きく上がると大きく儲けることができるのが最大のメリットでしょう。ちなみに自分の資金量の約3倍の資金を借りて投資することが可能です。
特に資金が小さなうちは信用取引を利用することで資金を大きくしていけるのは魅力的でしょう。たとえ、たかだか20%の値上がりでも信用取引を最大限に活用すれば60%以上の利益を獲得することができます。多額の資金を借りることによって少しの値動きでも資金をどんどん大きくすることが可能となるのです。小さな値動きでも資金を大きくすることが可能なので、資金が小さな個人投資家には非常にメリットの大きい制度と言えるのではないでしょうか。

持ってる株式が大きく値下がりすると大損に

資金を借りて行いますから、いずれはその資金も返さなくてはなりません。もちろん、損失を被ろうが始めに借りてきた金額の資金は返済しなければいけません。ですので、信用取引の注意点としては、大きく損失を出した分はしっかりと借りた分は返済をしなければいけない点でしょう。極端な話、大損してしまうと担保にしていた資金だけでは返済に足りなくまさしく、借金を負ってしまう事になりかねないのです。
また、信用取引で借りてきた資金には金利が付く点も忘れてはなりません。そのため、投資した株価の値段が動かないだけで大きなコストが発生しているのです。注意点としては大損すれば借金を負いかねない、利用する場合は金利が付いてくるという点でしょう。

© Copyright Card Types .All Rights Reserved.