信用取引の「買い」と「売り」のポイント

信用取引は決済の期限が決められている

証券会社を通じて株を現物買いした場合、いつ決済を行うのかは自分で決めることができます。たとえば、買ったその日に大きく値上がりした場合は即日売却してもいいですし、反対に大きく下がってしまった場合は、元の値段に戻るまで待ち続けることが可能です。値下がりしたため、売りたくても売れない状態に陥ることを塩漬けといいますが、塩漬けは取引の自由度が高い現物取引だからできることといえるでしょう。
ところが信用取引の場合は、取引の期限が半年までと決められています。そのため、株を買ったにせよ、売ったにせよ、決済を半年以内に行わなければなりません。もし、その期限を過ぎてしまうと、証券会社によって強制決済されてしまうのです。

半年後に売買した銘柄がどうなるのかという判断が重要

決済の期限が決められているため、信用取引は現物取引とは少し違う観点で売るのか買うのかを決めなければなりません。それは、半年以内に値段が上がるのか、それとも下がるのかというものです。もし、株を買う場合、現物取引であれば数年先でもいずれ上がればいいという考えで銘柄を選べますが、信用取引の場合、絶対に半年以内には上がらないと困るという考えで選ばないと損をしてしまいます。なので、銘柄選択はかなりシビアになるわけです。
半年先を見通すためには、株式相場のトレンドよりも業界や会社の内情を徹底的に調べることが重要になります。なので、現物取引よりも豊富な情報網と、得た情報を精査できる能力が求められることになるでしょう。

© Copyright Card Types .All Rights Reserved.