信用取引って何?どんな仕組み?

信用取引って一体どのような取引なの?

株取引においてよく耳にする「信用取引」という言葉。名前だけではどんな取引なのか想像がつきにくいため、世間一般には理解が進んでいるとは言い難い状況ですが、この信用取引は実は株式市場において大変有用な取引手法の一つなのです。
その特徴を一言で述べれば、信用取引とは「証券会社などから資金や株を借り、それを株式市場で運用する取引」のことです。わざわざ有価物を借りてまで株取引しなくても良いじゃないかと感じる人もいるかもしれませんが、信用取引はその独特の仕組みによって投資家に様々なメリットを与えてくれます。一方で金融取引においてはメリットとデメリットは相即していることから、現物取引と比較して損失が出る可能性が高くなる点に注意を払う必要があります。

信用取引のメリットとその仕組みを解説

信用取引のメリットの一つは、元本の約3倍規模の取引が行えるようになるという点です。信用取引の元本は「委託証拠金」と呼ばれますが、これは信用取引で発生した損失による有価物の毀損を補う目的で使用されます。つまり、損失さえ埋め合わせることができれば、取引する規模と同額の原資を用意する必要が無いという仕組みにより、信用取引は元本以上の取引が行えるようになるわけです。
また信用取引のもう一つのメリットは、株取引を売りから始められるという点にあります。一般的に売りからのエントリーを「空売り」と呼びますが、これは株そのものを借りて最初から手元に株がある状態を作り出すことが可能なことから実現できる取引手法です。高く売っておき、それを安く買い戻して返済することで、その差額分が投資家の利益になります。

© Copyright Card Types .All Rights Reserved.